中古車輸出をはじめよう!中古車輸出のポータルサイト「CardealPage」が、中古車輸出のノウハウをお伝えします

中古車輸出をはじめよう! ノウハウ、必要な知識満載 | カーディールページ

CardealPageの使い方 中古車輸出の基礎知識

【初心者必見】中古車輸出の売価計算式とは

投稿日:

 こんにちはカーディールページの長利です。

 最近「これから輸出をはじめてみたい!」と考えられている方からのお問い合わせが増えてきております。
 皆さまお問い合わせいただきありがとうございます。

 その中でよくご質問いただくのが、売価はどうやってつけるの?です。
 基本的な事ですがとても重要だと思いますので、改めてお伝えしたいとおもいます。

売価計算式

車両金額
+オークション手数料
+乙仲費
+その他経費
+粗利益
――――――――――――――――――――――――――――
 FOB価格

+船賃
+輸出前検査費
+海上保険料
――――――――――――――――――――――――――――
 CIF価格(販売金額合計)

となります。

カーディールページにご掲載いただく場合は、
1.FOB価格を決める
2.C&F or CIF金額を算出する

という二つの流れになります。

1に関しては、上記計算式をつかって貴社でFOB価格を算出していただき、車両の登録の段階で入力していただく事になります。

2に関しては
・船賃レート
・輸出検査費
・海上保険

のレートを、前もって仕向地ごとに入力していただく事になります。
 そうする事によって、バイヤーによって仕向地が違っても、カーディールページ上で自動計算され、C&FやCIF価格が表示されます。

※船賃レートについて
 船賃の算出方法は、「車両のM3×船賃レート」で自動的に算出されます。
 M3とは車両の(長さ)×(幅)×(高さ)で算出した体積となり、車検証に記載されております。
※C&FとCIFの違い
 C&Fは Cost & Freight
 CIFは Cost Insurance & Freight
 の略で、I=Insurance(海上保険)があるか無いかの違いになります。
※その他経費とは
 主要なコスト以外にも、車の輸出には細かい経費がかかります。
 例えば
 ・国際宅急便代
 ・写真撮影代
 ・国際電話代
 などです。
 細かく設定しすぎてもしょうがないので、一律いくらと決めることが多いです。


オークションに出品される前の車が利益になる理由

 上記計算式でお分かりの通り、コストの中には「オークション手数料」が入っております

 皆さまが下取りや買取りされた車が輸出向けだった場合、オークションに出品する代わりに直接カーディールページで販売していただくと、

・オークション手数料
・オークションへの陸送費

がかからないので、今まで必要経費だと思っていた2~3万円が利益に転じる事になります

 輸出向けの車を下取り、買い取りされている方は、カーディールページにご掲載いただくと、利益アップにつながると思います。

どんな車がいくらで輸出販売できるか?

 カーディールページでは、輸出相場を検索するツール「プライシングマネージャー」をご提供しております。
 こちらのツールを併せてご利用いただく事により、輸出向けの車両とその適正売価がわかりますので、是非導入をご検討いただいてはいかがでしょうか。

 プライシングマネージャーについてはこちら

-CardealPageの使い方, 中古車輸出の基礎知識

Copyright© 中古車輸出をはじめよう! ノウハウ、必要な知識満載 | カーディールページ , 2018 All Rights Reserved.