中古車輸出をはじめよう!中古車輸出のポータルサイト「CardealPage」が、中古車輸出のノウハウをお伝えします

中古車輸出をはじめよう! ノウハウ、必要な知識満載 | カーディールページ

人材採用 / Recruitment

【求人案内】IT×中古車輸出 カーディールページの国内営業 兼 営業事務のお仕事とは!?

投稿日:

みなさんこんにちは。カーディールページの長利です。

コロナ禍の中皆様いかがお過ごしでしょうか?
カーディールページでは皆様のご支援の下、なんとか立ち直り今後の事業拡大の為、若干名ですが採用を募集する事に致しました!

今回のブログでは「採用募集職種」についてのお話と、この会社コロナ禍なのに大丈夫!?と思われている方もいらっしゃると思いますので、「現在の中古車輸出市場の状況(簡易版)」をお伝えしたいと思います。

中古車輸出カーディールページ採用詳細ページはこちら

カーディールページの事業と職種について

当社の事業を大きく3つに分けると・・・

①越境ECサイトCardealPageの運営
②海外販売
③海外物流

上記3つの事業を行っています。またこれらの事業を行う上で

・海外販売営業
・国内営業 兼 営業事務
・貿易実務業務

の様に3つの職種・業務に分かれております。

今回の採用では「海外販売営業」と「国内営業 兼 営業事務」の募集となります。
海外販売営業については以前の投稿をご覧ください。

「中古車輸出越境ECサイト」カーディールページについて

車業界の方ならどなたでもご存じの「カーセ〇サー」・「グーネ〇ト」という媒体ありますよね。「中古車を売りたい会社」と「中古車を買いたい人」を繋げるマッチングサイトです。

カーディールページはこれらサイトの「海外版」というイメージに近く、
「中古車を売りたい会社」と「日本から中古車を買いたい海外のバイヤー」を繋げているWEBサイトになります。

また、エスクロー決済というメルカリや楽天の様な「販売者」・「購入者」間の売買仲介を行うサービスがありますが、カーディールページも「海外バイヤー」と「国内販売者」をエスクロー決済を使って、セラー・バイヤー間の売買仲介を行っています。

もちろん海外へ車両を輸送する事も行っており、車を日本から貿易手段を通して現地バイヤーの最寄りのcityまでお届けするという海外輸送事業も行っております。

カーディールページの事業を少しでもイメージして頂ければ嬉しいです!

中古車輸出カーディールページ採用詳細ページはこちら

採用募集中!カーディールページの国内営業 兼 営業事務

今回の募集職種は「中古車業界からの転職大歓迎」となっております(笑)
カーディールページの国内営業 兼 営業事務ってどんなお仕事なの!?
採用のお問合せ前にどのようなお仕事をするのか?少しでもご理解頂ければと思い業務内容のイメージを記載してみますね。

業務内容イメージ

実際に入社したらどの様な仕事をするの!?という事でイメージを記載してみます。

・車両を掲載したい会社様への営業、問い合わせ対応
・掲載されてから車両が売れる様になるまでの販売サポート
・中古車/中古車輸出相場を見ながらのプライシング、情報配信
・成約させるためのセラー、バイヤー間の値段交渉
・成約後の貿易業務手前までの業務
・品切れ時等のオークション、業販での車両買付
・Sales Staffとの情報共有
・付随する様々な営業事務

等がメインとなっております。

いかがでしょうか?
結構業務の幅広いな~と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、中古車業界で車両売買に携わっていた方でしたらスタートしやすいかもしれませんね!なので「中古車業界、車両知識のある方」「英語やその他言語を話せる方」は優遇となります!

中古車輸出カーディールページ採用詳細ページはこちら

とは言ってもコロナ禍の中でビジネス環境大丈夫なの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますので中古車輸出統計や、わたしの体感している事を混ぜながらカーディールページの状況についてお伝えしてみたいと思います。

中古車輸出統計から見る中古車輸出台数の状況と当社の取組み

コロナ禍の中、他業界と同じく中古車輸出業界も多大な落込みに見舞われました。
下記輸出統計でも確認できるとおり、3月の船積みを最後に4月の輸出実績は50%を下回りました。わたしは個人的に「これでビジネス終了かな」とまで思ったくらいで、この急激な落込みはある意味リーマンショックより厳しいと思いました。

・船が仕向国に寄港できなくなる
・船が日本に寄港しなくなる

なんて事が起きるとは今までの経験上、夢にも思わなかった出来事です。
皆様はどう感じられましたか!?

しかし、各国のロックダウンや輸入禁止の制限が解除され始めた結果、6月からは回復傾向。
8月は86.6%まで統計上も回復してきております。

日本からの中古車輸出は右ハンドル国をメインとして全世界120ヵ国以上の国々へ輸出されており、仕向国によっては依然厳しい状況の国があるものの、
当社がメインで輸出をしているアフリカやアジア、その他諸国は私の体感も含め、中古車輸出台数は8割以上の回復をしているのではと感じています。

回復した理由としては、経済を回さなければ「衣食住のそもそもの生活ができなくなる」という事が大きな理由なのではと感じています。
カーディールページの輸出先国は新興国が多いのですが、この傾向は特に強く日本の様に福祉や補助等ができない国が多いという事もあげられるかと思います。

また、中古車相場もこの間激しく上下に動いた訳ですが、加盟店の皆様の中には相場が安くなった時に買い付けを強化された企業様のカーディールページ上での販売台数が伸びた事もあり、当社の回復も早まった事が挙げられます。
カーディールページは「皆様と共に生きている」という事をコロナ禍の中で実感した一面でした。

いかがでしたでしょうか?
カーディールページは日本の良質な中古車を海外の必要とされている方にマッチングさせ、貿易を通してお車を届けるというお仕事です。

あたなもカーディールページで一緒に楽しく働いてみませんか!?

中古車輸出カーディールページ採用詳細ページはこちら

-人材採用 / Recruitment

Copyright© 中古車輸出をはじめよう! ノウハウ、必要な知識満載 | カーディールページ , 2020 All Rights Reserved.