中古車輸出をはじめよう!中古車輸出のポータルサイト「CardealPage」が、中古車輸出のノウハウをお伝えします

中古車輸出をはじめよう! ノウハウ、必要な知識満載 | カーディールページ

中古車輸出の基礎知識

モザンビーク向けインターテック検査ガイド

投稿日:

 こんにちは。カーディールページ、ロジスティクスチームです。

 カーディールページの成約国上位にモザンビークという国があります。
 モザンビークに販売するためには、出港前に「インターテック検査 / Intertec Inspection」を受ける必要があります。

 新たに輸出を始められた方から、この検査について多数お問い合わせをいただきますので、今回は、そのフローや内容をご紹介します。

インターテック検査とは

 インターテック検査とは、モザンビーク政府が輸入される中古車に義務付けている検査です。

 この検査は、中古車に限らず、商品をモザンビークに輸入する場合に出港前に受けることが義務付けられております。
 日本の中古車の検査は、「インターテック ジャパン株式会社」が行っています。

この検査の内容は、主に
・Invoiceに記載されている車かどうか
・そのInvoice金額が妥当かどうか
をチェックしています。

 検査というよりは金額査定に近いイメージで、レーンを通さず車が保管されている場所で行われます。

なぜ査定額をチェックするのか

 モザンビークでは、中古車を輸入する際にCIF(C&F)価格に対して関税を課しています。

 したがって、Invoice価格がモザンビーク政府が想定している車両の価格より「あまりにも安い」場合、税収が減ってしまうので、それを防ぐのが目的です。

 インターテック社から、「想定している価格よりInvoice価格が安い」と疑いを持たれた車は、その仕入価格を確認できるオークション計算書などの書類提出を求められる事もあります。

 また、基本的にはCIF価格で確認しておりますが、FOB価格や船賃もチェック対象ですので、各項目が記載されている「ブレイクダウンインボイス」をインターテックに提出する必要があります。

 ※カーディールページでは、成約すると商談画面から自動的にブレイクダウンインボイスがダウンロードできるようになりますので、ぜひご活用ください。

インターテック検査の流れ

1.成約後、バイヤーがMOZナンバーと呼ばれる番号を現地で申請し取得する


2.日本のインターテックよりセラーにメールが届く(下記参照)





3.メールで日本のインターテックに検査の申し込みを行う


(申し込み書類)
・INTERTEK検査申込書
 ※車両の検査場所、その場所への納車予定日を記入
・輸出抹消証のコピー


(カーディールシッピング利用の場合)
 当社からお送りするフォーマットの赤字部分を記入し、インターテック社にお申込みください。青い箇所の情報は当社からお伝えします。(下記参照)

 ※検査希望日、検査場所、納車予定日は、カーディールページにもご連絡ください。





4.インターテックから請求書がメールで発行される


5.インターテックへお支払いをする
 ※カーディールページにお支払いしないで下さい
 ※検査日より前にお支払いをしないと検査が行われません


6.インターテックから、検査結果がメールで通知される
 ※合否をカーディールページにお伝え下さい。


7.出港後(Shipping)Invoiceに、エンジンナンバーとMOZナンバーを記入して、インターテックにメールする
 検査結果の通知のメールに、車両のエンジンナンバーが記載されています。

 ※Shipping invoiceは、カーディールページのチャット画面に出港日を入力すると自動的に発行されます。ぜひご利用下さい。


8.インターテックから、仕入れ金額が分かる書類を送るよう依頼があることがあります。その場合はオークション計算書等を返信してください。

 必要な流れは以上です。


 このように、初めてモザンビークに輸出するときには、やや複雑かもしれません。

 しかし、インターテックは輸出者(Shipper)が申し込みをしなければならない為、カーディールページで代行できません。

 はじめはとっつきにくい部分もあるかと思いますが、慣れてしまえば簡単です!
 成約の多い国ですので、この機会にご確認ください。

-中古車輸出の基礎知識

Copyright© 中古車輸出をはじめよう! ノウハウ、必要な知識満載 | カーディールページ , 2018 All Rights Reserved.