輸出相場情報

的中率90%以上!?中古車マーケット占い2019

更新日:

 メリークリスマス!

 クリスマスですね。どこもかしこもイルミネーションが綺麗です。

 2018年も残すところあと数日、今年は紅白でダサかっこいいU・S・Aを見るのが楽しみなカーディールページの長利です。

 2019年の戦略はいかがでしょうか!?
 しっかり立てた方も、元日に考えるという方もいらっしゃると思いますが、来年2019年の輸出ビジネスを占ってみたいなと思います。

 占いですので、当たっても外れても責任は負えません。
 軽く読んで下さいね!

2019年の中古車マーケット占い

 キテマス、キテマス。

 わたしは中古車輸出業界が長いので、毎年この時期になると「中古車輸出の神」からお告げが来るんです

 そのお告げによると2019年は、

・在庫の仕入れは、例年よりも「一歩早め」が吉!
10月までに、どこまで攻められるかがカギ!
・年度末は、輸送、保管ヤード、港が一時的にパンクするかも!

 そんなお告げが来ましたので、なぜそうなってしまうのか考えてみました。

消費税増税で中古車マーケットにどのような影響が出るのか

 2019年の10月には、消費税増税が予定されています。

 一般的には、

 税金が上がる → 物を買いたくなくなる → 物が売れなくなる

ので、物価は下がる方向に進みます。

 しかし中古車に関しては、10月以降の相場は上がる可能性が高いです。

 それは・・・

・新車より中古車の方が安いので、増税後は中古車を選ぶ人が増える
・増税後は新車の販売がにぶるので、下取り、買取車が一気に少なくなる

という現象が起きると思うからです。

 海外バイヤーは消費税増税があったとしても車が欲しいので、輸出業者の応札は通常通りですが、上記の様に玉不足に陥る為、10月以降は中古車の奪い合いになる危険性が高くなります。

 予想外の状況が起きるかもしれないため、10月までにしっかり売っておく必要があるでしょう。

月別相場の変動は

 それでは順を追って、月ごとの変動について考えてみたいと思います。

1月 相場UP△
 年明け。年末年始はオークション休催の為、例年通りの玉不足が発生。各社の買付が増加。


2月 相場down▽
 1月の買付が一巡。年度末(3月末)に向けて、例年通り車の買い換えニーズが起こり、下取りが増加しはじめる。
 中古車の供給が多くなる為、相場が下がりはじめる。


3月 相場down▽▽▽
 前月に引き続き、年度末の買い換えニーズが増加。相場はさらに下落へ

 ちなみに、なぜ年度末は買い替えニーズが高まるのかというと、
 ・車は4月1日時点の所有者に自動車税が課税される
 ・会社や公共機関の決算が多い

 からです。

 そのため、毎年この時期は、
 「市場に車が溢れかえる」 → 「供給過多になる」
ので、相場がガクッと下がります。

 しかし2019年は、これに輪をかけて、10月増税前の新車買い替え需要が発生するでしょう。

 したがって、市場に出てくる車両は例年よりも多くなり、ドンドン相場が下がるので、3月は、早めに売切りを付けて処分する企業が多くなるでしょう。

 売り手にとっては悩ましいですが、カーディールページの加盟店様のような在庫販売型の中古車輸出にとっては、保管場所さえあれば絶好の機会ですね。

 また、このように市場に車が溢れかえってくると、例年以上に陸送が混雑します。
 例年よりもさらに在庫が手元に届くまでに時間が掛かるので、掲載方法等を工夫する必要がありますね。

 ちなみに、カーディールページは利用運送のロジコグループです。
 陸送のご用命はこちらからお問い合わせいただけますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 陸送以外にも、4月は輸出船のスペースがタイトになる可能性もあります。

 モタモタしていると資金回転が遅くなる恐れもあるので、仕入、販売、価格決めなど全てにおいて早めの決断が必要になるでしょう。

 以前、加盟店のディヤタジャパン林代表に

1.「見切り千両、損切り万両」
2.「古い車はもってけ泥棒」
3.新規の車は少しでも高く売れる様に誘導するけど「万現金売かけ値なし」
大事なのは「お客さん」で「僕から買ってくれる事」これが大事なのではないかな。

プライシングマネージャー利用者インタビュー|DIYATA JAPAN 林 様(後編)より

と教えていただきましたが、まさしく2019年3月以降は、これをどこまで実践できるかがカギとなりますね。


4月~5月 相場△△
 新年度に入ると流通量がピークを過ぎます。(3月初旬~中旬位まで元に戻る?)

 GWに向けて流通量が減少していくため、買い取りや下取りなどで仕入れた車を売却するのには良い時期になってきます。

 しかし2019年のGWは少し勝手が違います。
 ご存知のとおり、新天皇即位の為、4月27日から5月6日まで10連休になります。

 こうなるとGW期間に買付できない可能性も出てきますので、4月に在庫を売ってしまった企業の方は、買い増しに転じる可能性もありますね。


6月~9月 相場△?
 新車は、増税前最後の駆け込み需要が予想されますが、輸出で大人気のトヨタ車は生産から納品までに時間がかかる為、8月より前には駆け込み需要が終了するかもしれません。


10月~12月 相場△
 そして10月以降は「玉不足」 → 「相場上昇」となるでしょう。

 1年を通すと、このような動きになるのではないでしょうか。

なんと追加のお告げが!

 このように激動の2019年になりそうですが、WEBサイト販売に限っては、そこそこ好環境なのではないかなと思います。

 また、10月以降は、2020年のアメリカ大統領選やオリンピックイヤーに向け、また携帯の5GやIoT等のテクノロジーが進み、一癖、二癖ある市場環境になっていくと思います。

 毎年、中古車輸出には予想外のことがつきものです。

 1年の締めくくりで、来年に向けてお祈りしておきたいと思います。

 みなさんも一緒によろしいですか。

・ドル円レート安定して!
・内戦、紛争がない平和な世界に!
・現地の為替レート悪化しないで!
・災害起きないで!

 はい、これで大丈夫でしょう。

 いかがでしょうか。
 占いはあたるでしょうか?

 そろそろ、このお話を締めようと思ってたら、
 む、むむむむ!あー、首のまわりが熱くなってきました!
 これは追加のお告げの予感です!




 はい、きました!追加のお告げ。

 そのお告げとは、




 「来年1年を通してカーディールページにご掲載いただいた全ての加盟店様が増収増益になる」

 とのことです(笑)

 占いもこのへんにしておきましょうか。



2018年は
・バイヤーの皆様
・加盟店の皆様
・カーディールページに関わる業者様

の方々には本当にお世話になりました。

 そしてこのブログをお読みいただいた読者の方々、本当にありがとうございました。

 来年は当ブログで、みなさまの役に立つサービスのご紹介なども配信していきたいと考えておりますので、末長くご購読いただければ嬉しいです!

 それでは皆様、よいお年を!

-輸出相場情報

Copyright© 中古車輸出をはじめよう! ノウハウ、必要な知識満載 | カーディールページ , 2019 All Rights Reserved.